『斉藤有吾の斉藤有吾による斉藤有吾のためのCANCER展』

『斉藤有吾の斉藤有吾による斉藤有吾のためのCANCER展』 

6月15日(金)〜27日(水)*最終日はランチ営業まで 

6月15日(金)オープニングパーティー 20時より 

■CANCER 

2016年、美術批評家・花房太一の呼びかけで、アーティストの有賀慎吾、伊東宣明、須賀悠介、村山悟郎、Houxo Queと共に、パートナーに斉藤有吾を迎えて結成されました。西洋のファイン・アートを東洋的身体によって突き崩し、ルネッサンス以来の新たなパースペクティブを獲得することを目指す、歴史上初のアート・オーガニゼーションです。

旧来のファイン・アートを制作するだけでなく、皇居ラピュタ化計画、古墳プロジェクトなど、いまある世界とは別の世界を創造するプロジェクトが多数進行中です。 

CANCERの手法は典型的で、被害者を出さないために事前に予告し、発表後に犯行声明を出すというものです。被害者を出さないように、当り障りの強くある作品の殆どは所謂アートスペースにて公開されますが、実際には被害者が出るかもしれません。 

斉藤有吾は、CANCERのメンバーとして名前が記載されています。しかしパートナーという役職には不明な点が多い。

 ”世界には3つしかない。同じ、違う、似ている。” by. 荒川修作 ”

似ている”はCANCER? アナタもCANCER? アナタのアナタによるアナタのためのCANCER? 

アナタが、人種や国籍や出自や所得や学歴やIQや年齢などの如何によって、CANCERのメンバーから排除されることの無いように。 


 CANCER website http://cancer-art.org/ 

『斉藤有吾の斉藤有吾による斉藤有吾のためのCANCER展 』では、同時期に外苑前のユーカリオにて開催されるの展示『THE MECHANISM OF RESEMBLING』の制作過程、ドローイングやCGや写真などを展示させて頂きます。

 EUKARYOTE(ユーカリオ) http://eukaryote.jp/exhibition/cancer-

 ■斉藤有吾プロフィール 

1981年 1月10日生まれ 

↓主な企画 

2014年11月24日~27日 『最後かもしれないだろ』コーディネーター:斉藤有吾 Nam Gallery(東京) 2014年12月1日~4日 『It is no use crying over split milk.』コーディネーター:斉藤有吾 Nam Gallery(東京) 

2015年2月7日『ART BATTLE ROYALEⅡ〜第二次藝術大戦〜』プロデューサー:斉藤有吾 Nam Gallery(東京)

2015年2月10日~19日『10-36 ~10-34sec』作家:有賀慎吾、川久保ジョイ、須賀悠介、関真奈美、永岡大輔 / キュレーター:花房太一 / コーディネーター:斉藤有吾 Nam Gallery(東京) 

2015年2月20日『「差別」を前程に、「偏見」から始めましょう』司会:ヴィヴィアン佐藤 / 出演:水嶋かおりん、Barbara Darling / 企画:斉藤有吾 Nam Gallery(東京) 


*ランチタイム、1オーダー、バータイム、チャージ、1ドリンクオーダーをお願い

●BAR 星男 

https://barhoshio.shopinfo.jp 

TWITTER @barhoshio 

新宿区新宿2-6-8小沢ビル1F TEL 03-5379-6066 

月~木、日曜日 20:00~02:00 金、土曜日(祝日前) 20:00~05:00 

●星男食堂×Spicehut(ランチ) 毎週火曜〜金曜 11:30〜14:30 


Bar星男

アート&ミュージックbar星男。星男のキャラクターでもある星男くんは宇野亜喜良氏デザイン。 毎月、前半、後半と分けて2組のアーティストによる展示を開催しています。 スタッフも美術家、写真家、音楽家など様々なアートの世界で活動中です。 ジェンダーやセクシャリティーに捉われずアートを通じて様々な境界線を超えた関係が作れ、アートやアーティストを身近に感じられる場所作りを目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000